コスミック出版

  • HOME
  • ウェブストア
  • 採用情報
  • 会社概要
  • お問い合わせ
ホーム > ライフスタイル > 健康 > ああ面白かったと言って死にたい
  • NEW

ああ面白かったと言って死にたい

発売日:2022年9月10日

佐藤愛子

\1,430
(本体価格1,300円+税130円)

ポイント: 65 Pt

 愛子センセイ、もうすぐ99歳

感動のラストメッセージ

 
私の人生は失敗の連続だったが、とにもかくにもその都度、全力を出して失敗してきた。失敗も全力を出せば満足に変わるのである。
今はただひとつ、せめて最期の時は肉体的に七転八倒せずに息絶えたいということだけを願っている。
 
愛子センセイ、もうすぐ99歳
人生が終着駅をめざして速度を落としていく……
 
老いとは? 死とは? 幸福とは?
波瀾万丈の人生から紡ぎ出された
感動のラストメッセージ
 
佐藤愛子(さとう あいこ)
1923年(大正12年)、大阪に生まれる。甲南高等女学校卒。小説家・佐藤紅緑を父に、詩人・サトウハチローを兄に持つ。1950年(昭和25年)、「文藝首都」同人となり本格的に創作活動を始める。1960年(昭和35年)、「文學界」に掲載された「冬館」で文壇に認められ、1969年(昭和44年)、『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞を、1979年(昭和54年)、『幸福の絵』で女流文学賞を受賞。2000年(平成12年)、佐藤家の人々の凄絶な生きかたを、ありありと描いた『血脈』で第48回菊池寛賞を、2015年(平成27年)、『晩鐘』で紫式部文学賞を受賞。2017年(平成29年)、旭日小綬章を受章。ユーモア溢れる世相風刺と、人生の哀歓を描く小説およびエッセイは多くの読者の心をつかむ。
 
 
 
     
・コスミックサイトで購入はこちらから 
 
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。